menu

永く快適に住める家づくり

R+house

ご相談・資料請求・勉強会・ショールーム等の来場予約はコチラから!

  1. ホーム
  2. 永く快適に住める家づくり

デザイン、価格だけではない、性能にもとことんこだわったR+houseの家>

アトリエ建築家とつくる家を手の届く価格で実現したR+houseですが、メリットはそれだけではありません。省エネ性や耐久性、耐震性など、住宅としての基本性能を徹底して強化しました。

こちらでは、島根県益田市、鹿足郡、浜田市、江津市、山口県萩市で新築住宅を手がける工務店「岩見建設有限会社」が住宅性能へのこだわりについてお話しします。

「R+house」で叶える住宅性能とは?

省エネ性+耐久性+耐震性

驚きの省エネ性能

驚きの省エネ性能

政府は2030年から新たな省エネ基準をすべての新築住宅に課すことを定めました。
その数値目標はたいへん厳しく、住居の断熱性・省エネ性能を上げ、さらに太陽光発電などでエネルギーを創出することで、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にせよというものです。
これがいわゆる「ZEH(ゼッチ=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」政策。
岩見建設の家づくりでは「R+パネル」と呼ばれる特殊な構造パネルや高性能の断熱サッシなどを採用することで、この新基準を大きくクリアする高気密・高断熱性能を達成。家計や地球環境にもやさしい住宅をいち早く実現しています。

高気密性能にも注目

高気密性能にも注目

冷暖房効率の良い家をよりわかりやすく表現するなら「夏は涼しく冬は暖かい家」ということになります。しかし、こうした特性を実現するのはそう簡単ではありません。盛夏でも真冬でも屋外の気温に左右されず、室内の温度を一定に保つだけの性能が必要だからです。その性能を引き出す手法のひとつが住宅の「高気密化」。文字の上ではたいへん難しそうですが、要は 密閉性を高めた構造にするということです。“すき間風の入らない家”と表現しても良いでしょう。

その度合いを示すのが「C値」と呼ばれる指標で、1 m2あたりどれだけのすき間があるかを表す数値として知られています。たとえば日本における温暖地域の目標値は「5」(1 m2あたり5cm2)ですが、R+houseの標準値はその1/10の「0.5」ときわめて高く設定されています。また、一般には「1」(1 m2あたり1cm2)で高性能とされていますが、R+houseはその数値を大幅に上回る性能を確保しており、全棟気密試験を実施しています。

過去の省エネ基準 R+house標準

高断熱性能で快適

高断熱性能で快適

室内=屋外間で空気の出入りを抑えることを高気密化と言うのに対して、住宅の外部と接する外壁や屋根、窓などを通じて熱が行き来しないようにすることを「高断熱化」と言います。この度合いを示す指標が「Q値」と「UA値」。前者は熱の伝わりにくさを示す「熱損失係数」で、後者は「外皮平均熱貫流率」とも言い、各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割ったより厳密な指標です。

いずれも数値が小さくなるほど高断熱であることを示していますが、R+houseではこのふたつの指標において厳しい数値目標を設定し、その実現のためさまざまな対策を導入してきました。その、結果が下表に示した特性です。こちらでは岩見建設が手がけた住宅の実測値を一般的な長期優良住宅基準と比較していますが、弊社の物件が性能的に大きく上回ることを実証しました。

Q値(熱損失係数) UA値(外皮平均熱貫流率)
長期優良住宅例 2.7 0.87
R+house数値 2.0 0.50

PICK UP! 住宅の長寿命化に関わるのは高気密・高断熱性能だった

水蒸気や湿気がこもりがちな住まいはさまざまなトラブルを生じます。たとえば結露はカビを発生させ、ダニが生育しやすい状況を作り出すため、そこに暮らす家族は重大な健康被害をこうむります。ハウスダストによる喘息やアトピーなどはまさにその典型例。

また、結露や湿気で壁や構造材である柱、梁が腐れば初期の設計強度を維持できなくなり、地震や風災害にきわめて脆弱になります。 しかし、岩見建設は、すべての家づくりで水分を通しにくい特殊な断熱材「R+パネル」を構造材として採用、室内に生じた水蒸気から構造躯体を守り、家を長持ちさせることに成功しています。また、結露が生じにくいため、カビやダニの発生も抑えられ、健康的な居住環境が実現できました。

優れた耐震性能で安心を

「面」で支えるパネル工法だから地震に強い

一般の木造住宅で用いられる在来軸組工法とは違い、独自の木質パネル「R+パネル」で建物を面で支える「パネル工法」を採用しているのがR+house。柱と梁だけで支える木造住宅とは異なり、壁と床が一体となった「面」で全体を支えるので家の荷重はもちろん、地震や風などによる外力がスムーズに分散するため、強度の点でもたいへん優れています。全棟耐震等級3を取得しています。

建物への荷物 風圧力 地震力

ご相談・資料請求・勉強会・ショールーム等の来場予約はコチラから!