menu

コスト削減について

R+house

ご相談・資料請求・勉強会・ショールーム等の来場予約はコチラから!

  1. ホーム
  2. コスト削減について

アトリエ建築家とつくる家を、手の届く価格で提供する岩見建設のR+house

これまで多くの方が敷居の高さを感じていた“アトリエ建築家とつくる家”を、手の届きやすい価格で提供することに成功したのがR+house
。島根県(益田市・鹿足郡・浜田市・江津市)、山口県(萩市)で新築住宅を手がける工務店「岩見建設有限会社」もまた、住宅の品質や性能に影響しない範囲で、さまざまなコストカット対策に注力しています。

無駄をなくすためのルール設定

無駄をなくすためのルール設定

一流のアトリエ建築家が設計を手がける高品質なデザイン住宅を、手の届く価格でご提供するために、R+houseではあらゆる確度からコスト削減を徹底しています。
たとえば、一般的な注文住宅は完全な自由設計であるために、必要となる建材やパーツの品目数が膨大になり、しかも部材の寸法もまちまちなことから、どうしても余計に費用がかかっていました。
そこで、R+houseでは、打ち合わせ回数や予算内で使用できる建材の種類に一定の制約を設けることで住宅のデザイン性、品質、性能を水準以上のレベルに保ちながら、材料、職人の手間、工期など無駄を解消し、大幅なコスト圧縮を実現しました。

標準仕様を設定することで部材の共有化を図りコストを削減

標準仕様を設定することで部材の共有化を図りコストを削減

一般の注文住宅がフルオーダーメイドなら、R+houseはセミオーダーの家と言えるでしょう。フルオーダーと異なるのは、サッシや断熱材など住宅性能に関わる部分や床材など後から変更するのが難しい部分を標準化している点です。標準化とはつまり、寸法や仕様、外観、設備を共通化することと言い換えられます。

まさに自動車メーカーがコストダウンの目的で異なる車種同士、共通の部品やモジュールを採用するのに似ています。見えないところで部材などを共用しながら、外観や内装を変えることで印象の違うモデルを構成しているように、R+houseの家づくりでも、標準仕様の範囲でデザインを自由に展開することで、一棟一棟にまったく異なる個性を表現することができます。
もちろん、自動車がオプションパーツを装着するように、R+houseの家づくりでも、ご予算やご要望に応じてオプションを加え、一層のこだわりを反映することが可能です。

部材、建材の仕入れに制限を設けてコストを抑える

部材、建材の仕入れに制限を設けてコストを抑える

前述のように、見えない部分で部材や建材を共用できれば大幅なコストダウンが可能です。
一般に住宅建築用の建材、部材は、アイテム数だけで今や数十万種とも言われていますので、共用化を推し進めることができれば仕入れの手間が省けるだけでなく、1アイテムごとの必要数量が多くなるので大量仕入れによるコスト圧縮が図れるのです。

ご相談・資料請求・勉強会・ショールーム等の来場予約はコチラから!