益田市・浜田市エリアの注文住宅なら岩見建設
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

益田市の一戸建ては維持費にどれほどかかる?ランニングコストを減らす家づくりのポイントは?

家づくりノウハウ
公開日:2024.06.06
最終更新日:2024.07.09
岩見建設有限会社の家づくり写真
岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.06.06
最終更新日:2024.07.09

益田市の一戸建ては維持費にどれほどかかる?ランニングコストを減らす家づくりのポイントは?

植栽が美しい白い外壁の平屋
マイホームの取得を考えたとき、月々のローン返済にかかわる土地購入費用や建築費用にばかり注目しがちです。しかし、実際にマイホームで暮らしていくためには、ローン返済以外にも維持費が必要になります。今回は、島根県益田市で一戸建てにかかる維持費を解説。長期的な資金計画を考えていくための参考にしてください。

目 次

益田市の一戸建てで定期的にかかる維持費は?

家とお金と計算機
一戸建てのマイホームには、住宅ローンの返済以外に以下のような費用が定期的にかかります。

・固定資産税
・火災保険料・地震保険料
・水道代・光熱費

これらの出費以外に、町内会費や自治会費がかかる地域もあるでしょう。まずは、益田市の一戸建ての生活にかかる、住宅ローン返済以外の基本的な維持費を見ていきましょう。

固定資産税

一戸建てを取得すると、土地や建物に対して固定資産税などを支払う必要があります。固定資産税は土地や家屋、事業のために使う機器などの償却資産に対して課税され、住宅がある市町村におさめる税金です。市町村によっては、固定資産税に加えて都市計画税がかかる地域もありますが、益田市では都市計画税がかかりません。

税額は土地や建物などの課税標準額に税率1.5%を掛けて算出します。課税標準額は、固定資産税評価額とほぼ同額。固定資産税評価額は、固定資産評価基準に沿って市町村が家屋や土地の評価額を決定しています。益田市における固定資産税評価額の平均値は、坪単価5.7万円ほどと、隣接する浜田市と比べてもわずかに低くなっているため、近隣エリアのなかでも、家を建てるにはコストパフォーマンスのいい地域だといえるでしょう。

参考元:益田市|固定資産税のお知らせ
参考元:益田市|ますだ暮らしパンフレットP12-15 2枚目「トピックス益田市の主な税金」

>>参考コラム:益田市で注文住宅の土地探しをしよう。土地価格やおすすめエリアの売買事例など徹底解説

火災保険料・地震保険料

火災保険や地震保険の申込書と電卓とお金
めったにあることではありませんが、火事や自然災害でマイホームを失うリスクにも備えておく必要があります。特に、住宅ローンを契約する際にも火災保険の加入が求められるため、あらかじめ定期的にかかる維持費として加味しておきましょう。

それでは、益田市ではどれほどの火災保険料・地震保険料が必要なのでしょうか。都道府県別の火災保険料や地震保険料の平均は、損害保険会社のデータ収集や分析をおこなっている損害保険料率算出機構の資料で確認できます。2023年度「火災保険・地震保険の概況」によると、2022年度の島根県における火災保険料の平均はおよそ41,527円、地震保険料の平均はおよそ26,200円という結果でした。

参考元:損害保険料率算出機構|2023年度火災保険・地震保険の概況

水道代・光熱費

水道代や光熱費は、賃貸住宅でも必要になるため生活のランニングコストとしてイメージしやすいかもしれません。それでは、実際にどれほどの水道代や光熱費がかかるのでしょうか。総務省による「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング」をもとに、県庁所在地ごとの光熱費などが確認できます。島根県の県庁所在地である、松江市の2021年~2023年の年間平均金額の結果は以下のとおりです。


内訳



料金(1カ月料金)



電気代



188,749円(約15,729円)



ガス代(プロパンガス)



33,559円(約2,797円)



上下水道



82,268円(約6,856円)



水道・光熱費合計



304,576円(約25,382円)


資料によると、松江市は電気代、上下水道代がともに全国3位と、全国的に見ても電気代や上下水道代が高い傾向にあります。そのため、住宅の断熱性能を高めたり節水機能のついた水回りの設備を取り入れたりして、電気代や水道代を抑えることが生活のランニングコスト削減のポイントといえるでしょう。

岩見建設では、夏は高温多湿で冬は氷点下になる厳しい自然環境の益田市でも、一年中快適に過ごせる注文住宅を得意としています。建物の断熱基準のなかでも性能が高いHEAT20 G2グレードを達成するUA値0.46W/m2・K以上が標準仕様です。基礎断熱や高性能窓を取り入れることで、住宅の断熱性能を高め、冷暖房の負担を減らせる住宅を実現しています。

参考元:総務省|家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング(2021年~2023年平均)

>>参考コラム:浜田市で一戸建てにかかる維持費はどのくらい?税金や修繕費を解説します

マイホームの維持にはメンテナンスや修繕も必要

住宅リフォーム・リノベーションのイメージ
このように、マイホームで暮らしていくためには、住宅ローンの返済以外にも年間で定期的にお金がかかります。しかし、一戸建てのマイホームで何十年と生活していくためには、長い目で見てメンテナンスや修繕といったコストも必要になるのです。

数十年単位で定期点検やメンテナンスが必要になる

マイホームに長く暮らすほど、新築時にはなかったような劣化や故障が目立ち始めます。入居後年数ごとの不具合発生の内容について、国土交通省の資料を参考にしてみましょう。この資料によると、新築住宅でも築7年目から10年目にかけて、キッチン・浴室などの機器、給湯器といった設備の故障や配水管のつまりが出始めるとしています。そして、築11年目以降で雨漏りや湿気、カビが目立ち始めるのです。

このように、長く住み続けるほどメンテナンスやリフォームが必要となる箇所が増えていきます。築30年間で見ると、機器・設備や床・壁など、室内のメンテナンスにかかる費用の目安は合計で500万円以上とも言われています。さらに、屋根や外壁などのメンテナンスも必要です。一度に大規模な修繕が必要となれば、高額な費用がかかるケースもあるため、こまめに定期点検をしておくのがおすすめ。建築時に耐久性の高い素材を考えるのもひとつの方法でしょう。

参考元:国土交通省|中古住宅における不具合の発生状況について

エリアによっては積雪や災害による修繕が必要になるケースも

困った表情の男女と地震で壊れた家
益田市は日本海側気候であるため、沿岸部は対馬海流の影響もあり比較的温暖な気候です。しかし、中国山地付近は山間地特有の気候で雪も多く降る傾向にあります。特に、匹見エリアは豪雪地帯に指定されているため、大雪が降れば積雪によって破損した箇所の修繕や除雪作業の費用が必要になるでしょう。

また、市街地は低平地であるため、河川の氾濫によって水害が起こりやすい地域でもあります。高津川の氾濫による浸水被害は過去に何度か発生しており、直近では1997年の台風によって家屋の浸水も発生しています。近年では、暖冬の影響もあり降雪量が減少気味ではあるものの、異常気象による突然の大雪や大雨など何が起こるかわかりません。自然災害が起きたときには、住宅への被害も起こりうるため、もしものときの修繕費など、備えておくと安心でしょう。

参考元:益田市|第 2 章 益田市の概要
参考元:益田市|市の概要
参考元:国土交通省水管理・国土保全局|日本の川 - 中国 - 高津川 - 

益田市で維持費を削減できる一戸建てを建てるなら岩見建設にお任せください

日当たりの良いグレーと白の落ち着いたダイニングキッチン
このように、一戸建てで生活していくためには、年間で定期的にかかるコストだけではなく、長い目で見たメンテナンスや修繕費用も考えておく必要があります。そのため、維持費をできるだけ抑えるためには、家づくりの段階で以下の点を意識しておくとよいでしょう。

・光熱費を抑えるために省エネ性能を高める
・メンテナンス回数を減らすために素材や設備の耐久性を高める
・定期点検やアフターサービスが充実しているメーカーを選ぶ

岩見建設は、高性能な住宅を提供としているだけではなく、アフタサポートシステムである「家価値60年サポート」を標準仕様として提供しています。60年に渡る長期修繕計画を作成し、第三者機関による定期点検を実施。そのほかにも、住宅履歴管理システム「iekachiBOX」を導入し、家の管理に必要な書類を一元管理しています。また、サポートデスクも24時間365日対応可能。休日や夜間でもすぐに専門機関に連絡を取れるので安心です。

島根県益田市周辺で、維持費を抑えられる安心のマイホームを考えている方は、是非岩見建設までお気軽にご相談ください。
#島根県益田市#注文住宅 #新築 #R+house #住宅ローン #住宅維持費 #固定資産税 #災害 #保険・保証・アフターサービス

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.16

益田市の住みやすさを検証!おすすめエリアと家づくりのポイントも解説

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.09

浜田市の気候に合った家づくりとは?快適に過ごすための住宅性能を解説

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.09

益田市周辺の建築相場は?平均年収から見る住宅費用やコストを抑えるポイントも

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.09

益田市で水害や地震に強い注文住宅をつくるなら?耐震性や建てるエリアを考えよう

前へ
浜田市の気候に合った家づくりとは?快適に過ごすための住宅性能を解説
益田市の住みやすさを検証!おすすめエリアと家づくりのポイントも解説
次へ
浜田市の気候に合った家づくりとは?快適に過ごすための住宅性能を解説
益田市の住みやすさを検証!おすすめエリアと家づくりのポイントも解説

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能な家づくり

ZEHを超える断熱性能

家の快適さを支えている断熱性能。その断熱性能をどの基準で設けていけばよいのか、基準がなくてわからない方も多いのでないでしょうか。実は、断熱性能は「数値」で判断することができるのです。私たち岩見建設は、いくつかある基準の中でも最高ランクの断熱基準を標準とすることにより、快適な家づくりを実現しています。
資金計画

ご予算に合わせた家づくり

資金計画とは、「本当の意味で建築に関わる全ての費用を洗い出す」ことです。
家づくりに臨む方々の中には、家づくりの費用は「家の本体価格と外構工事費用」くらいだと思っている方が多くいらっしゃいます。家づくりにかかるお金は、なにも工務店に支払うお金だけではありません。しかし、住宅業界の常として、「〇〇万円から建てられます」という謳い文句につられて、本当にそれくらいで家が建つんだとだまされてしまうのです。
家づくりにかかるお金を、本当の意味で理解しなければ、後々必ず後悔してしまいます。
岩見建設有限会社の家づくり写真

高耐震性能

どれだけ性能が高く、おしゃれな家を建てられたとしても、大きな地震や腐食により家が倒れてしまうと元も子もありません。
耐震性能と耐久性能について、私たち岩見建設がどのように考えているのかをお伝えしていきます。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

岩見建設有限会社の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

岩見建設有限会社の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

浜田モデルハウス
住所
島根県浜田市港町296-9
営業時間
09:00~17:00
益田市かもしまガーデンモデルハウス
住所
島根県益田市かもしま西町2-5
営業時間
09:00~17:00