益田市・浜田市エリアの注文住宅なら岩見建設
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

益田市で注文住宅の土地探しをしよう。土地価格やおすすめエリアの売買事例など徹底解説

家づくりノウハウ
公開日:2024.04.19
最終更新日:2024.06.04
岩見建設有限会社の家づくり写真
岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.04.19
最終更新日:2024.06.04

益田市で注文住宅の土地探しをしよう。土地価格やおすすめエリアの売買事例など徹底解説

木目のリビングとタイル床の階段
海・川・山といった自然に囲まれた島根県益田市。実は市外・県内へのアクセスが良好なことから、生活拠点として利便性が高いのをご存じですか?今回は、多様な顔を持つ益田市の土地価格相場や地価推移、おすすめエリアなど、土地探しに欠かせない情報を紹介します。土地選びのポイントも解説しているので、ぜひお役立てください。

目 次

島根県益田市の特徴は?

地方都市イメージ
益田市は、島根県の西端に位置する人口約4.4万人の都市です。北には日本海、南には中国山地があり、そこから「高津(たかつ)川」「匹見(ひきみ)川」が流れます。特に、高津川は、水質が全国トップクラスの清流。雄大な自然の恵みから、天然アユやわさびの産地としても有名です。
そんな自然あふれる益田市は、飛行機や電車、高速道路といった移動手段が豊富に整備されており、主要都市に簡単にアクセスできます。OCN不動産が利便性にまつわる2023年までのデータをもとに算出した「島根県の住みよさランキング」では、県内1位を獲得。ライフスタイルに合わせて市街地・港町・山間部と居住エリアを選べるのが魅力です。

参考元:益田市「人口統計【令和5年度】」

益田市の土地価格相場をチェック

街中の売地
次に、益田市の土地価格や推移をチェックしていきましょう。今回は国が定めた「公示地価」と都道府県の調査に基づく「基準地価」を中心に紹介します。

益田市の公示地価

益田市内にある住宅用地について、国土交通省が2024年3月27日に公表した2024年度の公示地価などの情報をまとめました。


住所



公示価格



土地面積



JR益田駅からの距離



変動率



土地1


常盤町

99,173円/坪

約38坪

900m

-3.23%


土地2


幸町

105,785円/坪

約124坪

1,600m

-3.61%


土地3


三宅町

91,570円/坪

約75坪

2,000m

-3.48%


土地4


高津5丁目

100,826円/坪

約61坪

3,000m

-2.87%

益田市内の公示地価においては、駅からの距離による大きな影響はみられません。

参考元:国土交通省|不動産情報ライブラリ「国土交通省地価公示・都道府県地価調査の検索」

>>お隣の浜田市の土地価格・相場や土地選びのポイントについて詳しくはこちら

益田市の地価推移と将来的な見込み

家と土地とお金のイメージイラスト
益田市の2024年における公示地価の変動率は-2.76%で、エリア全体で下落傾向に。その理由としては、人口減少が進んでいることや、郊外での新興住宅団地の増加などが考えられます。
そこで人口減少を食い止めるべく、益田市は「まち・ひと・しごと創生益田市総合戦略」を策定。そのなかで、「社会変化に対応できる持続可能なまちをつくる」というテーマを掲げ、以下4つの戦略を計画しています。

・定住の基盤となるしごとづくり
・結婚、出産、子育てのサポート
・I・Uターンの定着
・地域を活かした安心な暮らし

益田市の人口減少の主な原因は、就職や進学に伴う若い世代の流出だと考えられています。そこで益田市では、魅力のある仕事の整備に加え、一度市を離れた人材が転職や子育てのためにUターンしたいと思える環境づくりに力を入れているのです。
さらに、新型コロナウイルスの流行を機に高まっている、田舎暮らしへのニーズに応えるべく、益田市の自然と利便性を市外にむけてPRしています。
これらの対策により、地価相場の減少が今後緩やかになっていく可能性もあるでしょう。

参考元:島根県「令和5年地価調査 6対前年変動率低順位10地点」
参考元:益田市「まち・ひと・しごと創生益田市総合戦略について」
参考元:益田市「第3章 第2期まち・ひと・しごと創生 益田市総合戦略」

家づくりにおすすめの益田市のエリア紹介と売買事例

街の風景
20の地区から成る益田市。ここからは、そのなかでもマイホームを建てる際におすすめのエリアを、実際の売買事例と併せて紹介します。なお、データは2024年4月5日時点の情報です。

吉田地区

益田市の北部に位置する吉田地区は、市内でも特に人口が多い地域です。市役所をはじめとした行政機関の他、「益田赤十字病院」などの医療機関も充実しています。また、「イオン益田店」や「キヌヤ益田ショッピングセンター」といった商業施設もあり、買い物にも困りません。
さらに、保育園や幼稚園、各種学校も多く、子ども達の登下校を見守る地域活動がおこなわれています。
ここで、吉田地区における土地の売買事例を見てみましょう。


所在地



常磐(ときわ)町



土地面積



15045.38坪



取引価格



500万円



最寄り駅からの距離



益田駅から徒歩11


常盤町は、益田駅からの距離が近く、市役所やキヌヤ益田ショッピングセンターがあり、利便性のよい地域です。周辺には上吉田(かみよしだ)公園や吉田子ども園などもあり、子育てしやすいエリアといえるでしょう。

参考元:島根県「しまねの郷づくり応援サイト 益田市 吉田地区」
参考元:益田市「令和5年度 益田市 20地区取組状況」
参考元:国土交通省 不動産情報ライブラリ「不動産価格(取引価格・成約価格)情報の検索・ダウンロード」
参考元:益田市「街区公園マップ」

高津地区

日本海に面している高津地区は、益田市の西側にあります。キャンプや遊具が楽しめる「島根県立万葉公園」や、美しい夕景スポットの「持石(もちいし)海岸」など、豊かな自然を味わえます。一方、国道191号線沿いには、「ニトリ益田店」や「ユニクロ益田店」といった施設も。さらに、近隣には萩・石見空港があり県内外を往来するのに便利なエリアでもあります。
高津地区での土地売買事例をチェックしましょう。


所在地



高津



土地面積



430㎡(130.07坪)



取引価格



340万円



最寄り駅からの距離



益田駅から徒歩28分


車があれば駅や空港に足を運べる便利なエリアです。また、久城(くしろ)・高津間を結ぶ「益田道路」の2023年度新規事業化が決まったこともあり、ますます交通網の発展が期待されます。

参考元:益田市「令和5年度 益田市 20地区取組状況」
参考元:島根県「しまねの郷づくり応援サイト 益田市 高津地区」
参考元:国土交通省 不動産情報ライブラリ「不動産価格(取引価格・成約価格)情報の検索・ダウンロード」
参考元:益田市「つなげよう山陰道!島根県内の山陰道がつながります!」

北仙道(きたせんどう)地区

益田市北部に位置する北仙道地区は、4つの町から成る地域で、のどかな自然環境が心地よいエリアです。山頂から益田市内を一望できる比礼振(ひれふり)山は、益田十景のひとつ。また、少し足を延ばせば市内中心部に行けるのもポイントです。「市街地に一番近い田舎」として県内外へのPRに力を入れています。
ここでは、益田市空き家BANKに登録されている平屋の物件情報を紹介します。


所在地



乙子町(おとこちょう)



土地面積



640㎡(193.60坪)



取引価格



250万円



最寄り駅からの距離



益田駅から車でおよそ10分


比礼振山がある乙子町の物件です。学校や市役所、駅や病院といった主要施設まで、いずれも6km前後に位置しています。閑静なエリアで、ゆったりと田舎ライフを送りたい方におすすめです。

参考元:益田市「令和5年度 益田市 20地区取組状況」
参考元:島根県「しまねの郷づくり応援サイト 益田市 北仙道地区」
参考元:益田市「益田市空き家BANK【No.316】 益田・北仙道 ほどよい広さのある平屋建ての一軒家」

家づくりと土地選びのヒント

黒板に書かれたポイントの文字と電球のイラスト
さいごに、家づくりと土地選びの注目ポイントを解説します。厚生労働省による「住生活基本計画における居住面積水準」を目安に、理想的な住まいに必要な住居面積をイメージしてみましょう。

家族でゆったり過ごすならゆとりのある平屋に注目

敷地に余裕を持たせてゆとりのある暮らしを目指したい場合、3人世帯でおよそ30.25坪、4人世帯では37.81坪の土地面積が必要です。広さと建ぺい率をもとに、それぞれの坪数以上の平屋が建設可能な土地を探しましょう。例えば、土地の建ぺい率が60%の場合、3人世帯で50坪、4人世帯で64坪の敷地面積を確保できれば、平屋を建てるのに充分といえます。

快適なシンプルライフを目指すなら狭小住宅も検討の余地あり

必要最低限の敷地面積で、無理なくシンプルな暮らしを送るなら、狭小地を探すのもひとつの手です。明確な定義はないものの、15~20坪以下の土地が一般的に狭小地とよばれます。2人世帯の最低居住面積はおよそ9.07坪、3人世帯でもおよそ12.1坪であるため、狭小住宅でも工夫次第で充分な延床面積を得られるでしょう。

参考元:厚生労働省「住生活基本計画における居住面積水準」

>>平屋を建てる時の目安の坪数や狭小地の基準と家づくりの注意点について詳しくはこちら

島根県益田市で快適なマイホームを建てるなら、岩見建設へご相談ください

白いキューブ型のユニークな家
美しい自然と都市機能が調和している益田市は、ライフスタイルに合わせた心地よい暮らしを叶える地域です。
岩見建設では、土地選びをはじめ、家づくりに必要な情報をプロ目線でお伝えしながら、お客様をしっかりサポートします。参加無料の「賢い家づくり勉強会」もおこなっており、建ぺい率や容積率、地盤の強度といった土地選びに欠かせないポイントについて学べます。益田市で土地の特徴を活かした高性能住宅を建てたいとお考えの方は、ぜひ岩見建設までお声掛けください。
#島根県益田市#注文住宅 #新築 #土地 #R+house #土地価格 #土地相場 #坪単価 #家づくりの基礎知識 #事例紹介

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.04

島根県浜田市の土地価格・相場は? 今後の価格推移の予測や土地選びのポイントを紹介

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.04

島根県浜田市に住むなら知っておきたい子育て支援制度とは?助成金の内容や手続き方法を詳しく解説

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.04

島根県浜田市の住みやすさは?市外へのアクセスや交通量の多い国道、住まいづくりのポイント

岩見建設有限会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.04

島根県浜田市の治安は?地域で実施している防犯対策や注文住宅におすすめのエリアを紹介

前へ
益田市の子育て支援情報を一挙公開!益田市に注文住宅を建てよう
益田市の子育て支援情報を一挙公開!益田市に注文住宅を建てよう

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能な家づくり

ZEHを超える断熱性能

家の快適さを支えている断熱性能。その断熱性能をどの基準で設けていけばよいのか、基準がなくてわからない方も多いのでないでしょうか。実は、断熱性能は「数値」で判断することができるのです。私たち岩見建設は、いくつかある基準の中でも最高ランクの断熱基準を標準とすることにより、快適な家づくりを実現しています。
資金計画

ご予算に合わせた家づくり

資金計画とは、「本当の意味で建築に関わる全ての費用を洗い出す」ことです。
家づくりに臨む方々の中には、家づくりの費用は「家の本体価格と外構工事費用」くらいだと思っている方が多くいらっしゃいます。家づくりにかかるお金は、なにも工務店に支払うお金だけではありません。しかし、住宅業界の常として、「〇〇万円から建てられます」という謳い文句につられて、本当にそれくらいで家が建つんだとだまされてしまうのです。
家づくりにかかるお金を、本当の意味で理解しなければ、後々必ず後悔してしまいます。
岩見建設有限会社の家づくり写真

高耐震性能

どれだけ性能が高く、おしゃれな家を建てられたとしても、大きな地震や腐食により家が倒れてしまうと元も子もありません。
耐震性能と耐久性能について、私たち岩見建設がどのように考えているのかをお伝えしていきます。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

岩見建設有限会社の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

岩見建設有限会社の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら